女性

プチ整形で綺麗になろう|コンプレックス解消に最適な施術

自然なバストアップ

カウンセリング

女性ホルモンの分泌量や食生活、または遺伝などの様々な要素により、バストのサイズには個人差があります。日本人の平均はCカップほどですが、中にはAAカップというサイズの人も居るのです。パット入りのブラジャーを身につけていれば見た目は改善出来るでしょう。しかし、露出が多くなる時期にはそのごまかし方も苦しくなってしまいます。豊胸手術は美容外科で行なわれる施術の中でも人気があり、バストの小ささを気にしている女性から支持されています。シリコンバッグなどの人工物を脇のあたりを切開してから挿入し、理想的なバストを形成するという方法の手術です。また、プチ整形を用いてバストアップを行なうことも出来ます。切開が必要な術法だと傷跡が残ってしまいますが、プチ整形ではヒアルロン酸注射が用いられるため、より自然で触っても分からないような仕上がりが期待出来るのです。

急にバストアップすると、周囲の人たちに怪しまれる可能性が高くなります。シリコンバッグのサイズを徐々に大きくしていくことも不可能ではないのですが、切開や縫合を繰り返すと傷が目立ちやすくなるので、自然なバストアップを望むならプチ整形に注目してみると良いでしょう。ヒアルロン酸注射は美容外科における手術でよく利用されます。アンチエイジング効果のある施術では特に需要が高いものです。肌を構成する成分の一種でもあるため、副作用が生じる心配もありません。数カ所からバストに注入すれば、とても自然で形の良いバストが手に入ります。左右の乳房の大きさが異なるという場合、小さい方にヒアルロン酸注射を行なうことで、バランスを整えることも可能です。

一度のヒアルロン酸注射で最大2カップのバストアップを行なえます。ヒアルロン酸注射は副作用などがないというメリットがありますが、体への負担を考慮し注入出来る量を定めている美容整形外科が多いため、2カップ以上のバストアップを希望するならシリコンバッグ挿入法が最適です。事前に医師と相談する時間が設けられるので、どちらの方法が最適かを検討してみると良いでしょう。注入されたヒアルロン酸は自然に体内に吸収されていくので、効果を持続させるためには定期的なメンテナンスが不可欠です。シリコンバッグ挿入法より費用は安く済みます。何度も施術を受けることが難しい場合にも、医師と相談を繰り返して最善の施術を見つけることが大切です。プチ整形で行なえる施術にも種類があるので、それらも含めて自分に合う方法を探ってみると良いでしょう。