女性

プチ整形で綺麗になろう|コンプレックス解消に最適な施術

簡単に手に入る二重

医者

美容整形の中でも特に需要が高いのは二重の手術でしょう。日本人の多くには蒙古ひだという器官が備わっています。目頭と上まぶたを繋げる膜のようなもので、これが一重まぶたの原因になっていることがほとんどです。一重まぶたは目を小さく見せてしまうこともあり、目元にコンプレックスを抱く人も多くなるのです。中にはそのコンプレックスを一種のチャームポイントとして受け入れる人も居ますが、多くの場合はそうもいきません。アイプチなどのアイテムを利用することで、簡単に二重を形成することが可能ではあるのですが、効果は長続きしないでしょう。理想的な二重まぶたを手に入れるためにも、美容外科における二重の手術は効果的です。なお、この手術においてもメスを使用しない方法があるため、リスクは最小限に留められます。

プチ整形で二重まぶたを手に入れるには、埋没法という方法が用いられます。埋没法は二重の線を作りたい位置を決め、その箇所を手術用の糸で留めるという簡単なものです。糸は毛髪よりも細く丈夫なので、違和感や痛みを感じたり、術後に眼球を傷付けたりする心配がありません。メスを使用しないプチ整形の中でも人気があるため、全国各地の美容整形外科ではこの施術を行なっています。二重の手術は埋没法の他に切開法というものがありますが、効果が半永久的に続く反面、手術を受けたことがあからさまだったり、ダウンタイムが長かったりと、デメリットも存在します。プチ整形なら体にかかる負担も少なく、ダウンタイムを短くすることが可能です。それぞれのメリットやデメリットをしっかり理解することが大切なので、二重の手術を受ける際にはしっかりとカウンセリングを受けましょう。

プチ整形で二重まぶたを形成する際、入院する必要はありません。また、手術にかかる時間も短く、両目に施術を行なっても10分程度という手軽さが魅力的です。局所麻酔が施されることで痛みは感じないので、術後に正しいケアをしていればすぐに理想の目元が手に入ります。ただし2、3日は腫れが生じる可能性があるでしょう。プチ整形はダウンタイムが少ないという特徴がありますが、全くないというわけではないので、会社や学校で気付かれないようにする対策を練っておくと安心です。埋没法は効果が半永久的に続くわけではなく、時間が経つと糸が解けたりする場合もあります。二重の線が癖になっている場合を除き、一重まぶたに戻ってしまうことがあるので、その際は再手術を受けることも検討しなければいけません。